1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/07/03(日) 00:26:15.03 ID:DkM3SVP70
Z3スレがすくないので書きました 
設定は自己設定です 
読みにくいかもしれませんがどうぞご了承ください。 


Z3「はぁー・・・」 

大きなため息をつく。最近秘書艦になってばっかりだ。 

というよりこの鎮守府に着任してからは大体秘書艦。 

Z3「案外疲れるのよね・・・この仕事。」 

提督「お疲れさん。今日はもう終わろうか。」 

Z3「そうね。・・・コーヒーでも入れてくるわ。」 

提督「おっ、ちょうど飲みたかったところなんだ。淹れてきてもらえるか?」 

Z3「じゃあ二人分ね。ちょっと待ってて。」 

提督「うん。待っとくー。」 

そう言って提督は椅子にもたれかかってくるくる回り始めた。子供ね。 

Z3「さて・・・と。二人分だから・・・このぐらいね。」 

Z3「そういえば、もうここに来てから結構日が経ったわね。」 

そう言って、お湯を沸かしている最中のヤカンを見ながら、着任当初を思い出してみる。 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467473174 
【Z3「思い出」】の続きを読む