S速っ!(えすそく!)

アニメ・漫画のSSをまとめています。 ガールズパンツァー(ガルパン)・アイドルマスター(アイマス・デレマス)・咲など

2018年08月

1 : ◆oQVdHABsTw [sage saga]:2017/05/25(木) 01:40:57.99 ID:7Z72E/1F0
ロコ「ロコはコロちゃんじゃなくてロコです!」

千鶴「でもその姿だとコロちゃんの方がしっくり来ますわよ」

ロコ「うぅ…」

P「ただいまー。おっ、千鶴とロコか」

千鶴「プロデューサー、ちょうどいいですわ」

P「どうかしたのか?というかロコの寝癖すごいな」

千鶴「寝癖で済んでればいい方ですわ、ほらコロちゃん」

ロコ「バ、バッドです!こんな姿プロデューサーには…」

P「…あれ?今日は着ぐるみを着る仕事なんてあったか?」

P「それにその顔、着ぐるみにしては随分リアルなような…」

千鶴「実はですね…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495644057
【【ミリマス】千鶴「コロちゃんがワンちゃんになってしまいましたわ!」】の続きを読む

1 : ◆SESAXlhwuI [saga]:2018/08/13(月) 01:20:20.03 ID:8MH4KKXO0

トレーナー 「よし、10分休憩!」

春香 「ぜぇ、はぁ……」ハァハァ

千早 「春香、大丈夫……?」

春香 「だ、だいじょ……ぅ」ガックリ

千早 「ゆっくり座って……ね?」

千早 「はい、これお水」スッ

春香 「あ、ありがと千早ちゃん……」ゴクゴク

春香 「……っぷはぁ!生き返ったー!」ニッコリ

千早 「もう、おじさんくさいわよ?」クスリ

春香 「ま、まだ花の女子高生だよぉ!」ワタワタ

千早 「はいはい、分かってるわよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534090819
【 【アイマス】千早「願い事」】の続きを読む

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/23(土) 20:56:10.08 ID:J6h1DmE80
いつものように、一見無意味なように思えて、よくよく考えてもやっぱり意味のない無益な部活動を終え、足早に部室から立ち去る間際。

長門「……待って」

キョン「ん?」

袖口を掴んで引き留めてきたのは長門有希。
既にハルヒや他の部活は退室しており、部室には俺と長門の2人しか残されていない。
タイミングを見計らっていたのは明白であり、何か人に聞かれると不味いような内密な話であると推察した俺は、声を潜めて要件を伺った。

キョン「どうかしたのか?」

長門「……夜8時、マンションにて待つ」

要件はそれだけだったらしく、長門は俺の脇をすり抜けて部室を出て行った。勝手な奴め。
とはいえ、長門の説明不足はいつものことであり、いい加減慣れていたので、憤りはしない。

あいつにはこれまで散々助けられてきた。
ならば、急な呼び出しくらい応じてみせよう。
それだけの恩を俺はたっぷり着せられていた。

やれやれ、とは口に出さない。
それでも、せめてもの意思表示として首を振りつつ、今度こそ部室を後にしたのだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529754969
【キョン「Detroit: Become Human?」長門「……一緒にプレイして欲しい」】の続きを読む

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/26(金) 21:00:48.30 ID:qzZUPq200
最近、長門とよく目が合う。

今日もそうだ。
現在、俺は部室にてSOS団の奇妙な活動に勤しんでいる。どのくらい奇妙かと言うと……

ハルヒ「絶対深爪しないでよっ!?」

みくる「は、はいっ!気をつけますぅ……」

古泉「んふっ。涼宮さんの足の爪の垢の香り……癖になりますね。たまりません」

このように、今日の活動はハルヒの爪切りである。
詳しく現状を説明すると、ハルヒ本人は手の爪をいそいそと切り、そして机の上に行儀悪く投げ出された両足の爪を、朝比奈さんと古泉が片方ずつ受け持ち、せっせと切っていた。

端的に言って、実に阿呆らしい光景である。
しかしながら、一生懸命ハルヒの足の爪を切るの朝比奈さんはとても可愛らしく、見ているだけで微笑ましい。次は俺の爪も切って欲しい。

ハルヒの足の爪の垢を嗅いで恍惚な表情を浮かべている古泉については、どうでもいい。
この国が法治国家であるならば、早急に処分して頂きたい。もちろん、極刑も視野に入れて。

キョン「まったく、何をやってるんだか……」

呆れた呟きを漏らし、俺はそんな奇妙な部員達とは距離を置き、ハルヒの靴下を嗅いでいた。
何を隠そう、これが今日の俺の仕事なのだ。
いや、厳密に言えばハルヒの靴下の脱着だけが俺に下された命令なのだが、脱がした後にそれをどうしようがこちらの勝手だと、判断した。

そして、右足の靴下を担当した俺と同じく、左足の靴下を担当した長門は、丁度俺と対角になるいつもの定位置に腰掛けて、こちらの真似をするかのように熱心に靴下を嗅いでいた。

その長門の視線はこちらに向けられている。

なんとなく、気恥ずかしくなった俺は、ハルヒの靴下でその視線を遮った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495800047
【長門「……Tバック、好き?」キョン「えっ?」】の続きを読む

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/16(土) 02:59:39.09 ID:LTSIraNf0

※キャラ崩壊注意

志希「あーりすちゃん♪」

ありす「橘です。なんですか志希さん」

志希「ありすちゃんに催眠術をかけちゃおっかなーって」チャリン

ありす「五円玉と糸……はぁ。馬鹿馬鹿しいですね。そんな子供騙しですらないものに、かかるわけないじゃないですか」

志希「ほうほう……このギフテッド志希ちゃんが術者だというのに強気だねぇ。それじゃあ──」スッ

びくっ
ありす「な、なんですか! 薬は卑怯ですよ!」

志希「にゃははは。薬じゃないよー」

ありす「? 白い封筒……?」

志希「もしありすちゃんが催眠にかかったらこの封筒の中に書いてあることを実行してもらうからね〜」ニヤニヤ

ありす「そ、そんな脅しは通用しません! じゃあ、私が催眠にかからなかったら志希さんがその中身を実行してくださいね!」

志希「いいよ。どうせかかるし」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529085578
【【モバマス】志希「催眠術〜」ありす「絶対に屈しません!」】の続きを読む

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/13(金) 20:04:30.74 ID:WeUuX/+C0
桃華「私、もしかしてファンの方々からママと呼ばれていますの?」

P「ブーッ!ゲホッゲホッ……」

桃華「まぁPちゃま!お茶を吹き出して、お行儀が悪いですわよ」サスサス

P「ゲホッ……す、すまん……どうしたんだ桃華。いったいどこでその機密情報を!」

桃華「き、機密情報なんですの?えっと、先日の私と蘭子さんの誕生日に、事務所のつい、ついっと……」

P「ツイッター?」

桃華「そう、それですわ。事務所のツイッターで、2人の写真を載せたでしょう?」

P「あぁ、遊びで蘭子と服を入れ替えて撮ったやつか。桃華はなんでも似合うよなぁ」ナデナデ

桃華「も、もう!子供扱いしないでくださいまし!」ニヘー

P「かわいい(かわいい)」

桃華「コホン……それで、ツイッターというものをよく知らなかったので、どういうものかちひろさんに見せてもらいましたの。
その時に載せた写真も見せてもらったのですけど、『桃華ママ可愛い』とか、『ママと蘭子ちゃん誕生日おめでとう!』とか、
『ママすき。いつもありがとう』とか、『蘭子ちゃん服パッツンパッツンじゃねーか!』とか、『エッッッッッッ!!』などなど
ファンの方々からのお返事が書かれていまして」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523617469
【【モバマス】桃華「Pちゃま、桃華ママってなんですの?」】の続きを読む

このページのトップヘ