S速っ!(えすそく!)

アニメ・漫画のSSをまとめています。 ガールズパンツァー(ガルパン)・アイドルマスター(アイマス・デレマス)・咲など

1 : ◆sXOFQadeF. [saga]:2017/06/19(月) 00:50:19.50 ID:O+LeWv2+0
杏「な、なぜ杏がこんな目に…」

P「どうせ暇してただろ?それにお盆だってのに実家にも帰らない奴は」

奈緒「コミケにでも連れて行くしかないよな!べ、別にアタシはそこまで行きたかったわけじゃないぞ?ぴ、Pさんが一緒に行きたいっていうからだな…」

杏「ツンデレ乙ー。あー暑い。こんな暑いなかみんなよく並べるよ…。杏なら委託待って通販で買うね」

P「会場でしか買えないサークルの本とか、特典とかがあったりするんだよ。企業ブースなんかは特にそうだ。みんな血眼で順番待ちしてるぞ」

奈緒「アタシはどっちかっていうとサークルメインだからそこまでじゃないけどな!」

P「壁サークルのために人集めたくせに…」ボソッ

奈緒「ん?Pさんなんか言った?」

P「いえ、なんでもありません…」


・デレマスss注意
・コミケss注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497801019
【【モバマス】杏「コ、コミケ…?」】の続きを読む

1 : ◆sXOFQadeF. [saga]:2017/08/28(月) 00:15:29.47 ID:RBHi4IyJ0
モバP(以下P)「杏…、一生俺といてくれ」

杏「はっ!?えっ、ちょっ、まっ、」

P「もう我慢できないんだ。お前のことが好きで好きでたまらない。二人でゆっくり暮らさないか?」

杏「…Pどうしたの?今日なんかおかしいよ?」

P「おかしくなんかないさ。元々こうだったが、隠してただけさ。最初にお前と会った時からな」

杏「…P、いいの?本当に杏と一緒がいいの?」

P「あぁ。ファンの皆さんや事務所のみんなも永久就職おめでとうって言ってくれるさ」

杏「ぴ、P…、杏は、Pのことが…」

ピピピッ、ピピピッ…

バシッ

杏「………夢か……」


・デレマス杏SSです
・キャラ崩壊注意
・デレてる杏ちゃんSSとなる予定です
・そんなSS、増えるといいなぁ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503846929
【【モバマス】モバP「杏…」杏「P…」】の続きを読む

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/06/17(土) 15:31:27.90 ID:nb92viu+0
新宿攻略後という設定です。新宿のネタバレが若干あります。


ーカルデアにて

私の最期は今でも鮮明に思い出せる。魔女とされ、火刑に処されたあの時を。身を焦がす焔を、私に対する恐怖で染められた民の顔を、異端尋問官の嘲笑を。
そのことに私は憎しみを感じてはいない。私が死ぬことがこの国のためになるならば、私の歩んだ道に後悔はない。
けれども、私は忘れられない。あの焔を忘れられない。あの痛みを忘れられない。
フランスが私を殺したという事実を私は忘れられない。
熱い。痛い。熱い。痛い。熱い。痛い。
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!
誰か!誰か私を!




ジャンヌ「ああああっ!!!」


ジャンヌ「……ああ、またこの夢か」



時折、焔に焼かれる夢を見る。英霊へと昇華されようが、焔は私を焦がし続けている。
そして、すっかり覚めてしまう私はカルデア内をフラフラとさ迷うことが夢を見た日の習慣となっていた。

ジャンヌ「はぁ、長い夜ですね」

ぐだ男「あれ?ジャンヌ、こんな時間にどうしたんだい?」

ジャンヌ「ま、マスター!いえ、少し寝付けなくて…。マスターこそ、こんな夜更けにどうなされたのですか?」

ぐだ男「いやー、新宿から帰ってきてから静謐が俺のベッドに勝手に入ってくるようになってね。ちょうど静謐を自分の部屋に運んだんだよ」

ジャンヌ「そ、そうでしたか。でも、静謐さんも悪気があるわけではないと思いますよ。マスターのことが心配で、近くにいないと不安になるんですよ」

ぐだ男「わかってはいるんだけどね、そのままにしておくと翌日が怖くてね…。主に清姫とかが…」

ジャンヌ「ああ…それは大変なことになりそうですね」

ぐだ男「ジャンヌはどうして寝付けないの?」

ジャンヌ「いえ、な、なんとなくです」

ぐだ男「嘘。そんな悲しそうな顔してるのに何もないわけないじゃん」

ジャンヌ「ううっ、」

ぐだ男「話してごらん?俺じゃあ頼りないかもしれないけど、少しは心が楽になるかもよ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497681087
【【FGO】ジャンヌ「貴方と共に」】の続きを読む

このページのトップヘ